読んだら書きたくなりました vol.92 | 2019年 | 各サービスの話題、スタッフのコラム、イベント告知、注目の書籍紹介など、お役立ち情報やおもしろ情報を発信しています。

ぷれす 校正&校閲プロダクション

  • お気軽にお問い合わせください
  • メールでのお問い合わせ

ぷれす通信

読んだら書きたくなりました vol.92

『悪魔のご褒美 デビルサンド』

木村幸子 主婦の友インフォス

デビルサンドという名前と、これでもかとばかりに具材が挟まった迫力のあるサンドイッチがいくつも並ぶカバーが目を引きます。ネットでも話題になっているデビルサンドを自分で作れちゃうレシピ本です。あまりにもボリューミーなので、食べるときの自分の顔を想像すると苦笑いしてしまいそうですが、ご褒美サンドとも銘打たれているのでそんなことは気にしてはいけませんね。さまざまな食材をパンで挟んでいるのですが、中でも驚いたのはプリンやシュークリームを挟んでしまったスイーツ系デビルサンド! 単品でも十分おいしいそれらをサンドイッチにすることで、新たな楽しみ方が増えるかも!? ボリューム満点のサンドイッチは、見た目からしてインパクトがあり「映え」ること間違いなしなので、できあがりを撮影する楽しみもありそうです。圧倒的なビジュアルは見ているだけでも満足してしまいそうですが、実際に作って食べておなかも心も満たされてみてはいかがでしょうか。(まち)

『続・成功する男はみな、非情である。』

いつか 光文社

「続」とあるように『成功する男はみな、非情である。』の第2弾です。こちらの方がここ最近の事柄が取り上げられているので、個人的に楽しめました。タイトルから、非情さのエピソードの本かと思うかもしれませんが、著者が各界の大物との関わりで知り得た、懐の深さや情の何たるかについて説き、生きていくうえでのヒントや気づきを教えてくれるものです。もちろん、非情さについても書かれていますが、非情さをもってして切り捨てる力の裏には、情に知悉していればこそという、「人」としての裏付けがあることがわかるでしょう。読んで面白いと感じるか、やっかみを覚えるか、全く別の世界のこととして捉えるか、私が女性なら、彼氏に読ませて反応を見てみたいなどと思ってしまいました。それぞれのエピソードの締めに、古今東西の名言が載っているところもなかなか含みがあり、男女問わず読んで損のない一冊です。(くろ)

記事の一覧へ戻る

LINKS