2010年2月号 | 2010年 | 各サービスの話題、スタッフのコラム、イベント告知、注目の書籍紹介など、お役立ち情報やおもしろ情報を発信しています。

ぷれす 校正&校閲プロダクション

  • お気軽にお問い合わせください
  • メールでのお問い合わせ

ぷれす通信

2010年2月号

デッドゾーン 字形類似(2)

今年ももうすぐ桜の季節。齢を重ねるごとに、時間の早さが身に沁みます……。さて、今回も「字形類似」。実際の校正現場で以前から頻出しているものですが、最近は「二」(漢数字)と「ニ」(カタカナ)、「ー」(音引き)と「―」(ダーシ)というパターンもよく目にします。DTPに多い字形類似ですね。

蒡」⇒「蒡」(ごぼう)
「膏」⇒「膏」(こうこう)
菌」⇒「菌」(こうきん)
慢」⇒「慢」(ごうまん)
爵」⇒「爵」(こうしゃく)
「心にみる」⇒「心にみる」(しみる)
も」⇒「も」(ごうも)
杖」⇒「杖」(しゃくじょう)
「未来永」⇒「未来永」(みらいえいごう)
落」⇒「落」(しゃれ)
然」⇒「然」(こつぜん)
「上の節句」⇒「上の節句」(じょうし)
魄」⇒「魄」(こんぱく)
匠」⇒「匠」(ししょう)
「喝」⇒「喝」(かっさい)
「出」⇒「出」(しゅつじ)
笛」⇒「笛」(くだぶえ)
従」⇒「従」(じじゅう)
丸」⇒「丸」(こうがん)
「白」⇒「白」(びゃくじゅつ)

この一冊!『新しい校正者の基礎知識』

『新しい校正者の基礎知識』

新しい校正者の基礎知識
野村保惠 著
日本エディタースクール出版部(2009/11)
240ページ/A5判
ISBN 978-4-88888-387-0
2,100円(税込)

著者は今年82歳。校正者として65年、編集校正プロダクションの社長として25年、その傍ら、日本エディタースクール講師や校正技能検定の審査委員、日本語文書の組版方法や校正記号のJIS規格制定にも尽力してきた、いわば“重鎮”です。

すでに読んだ方もいるかもしれませんが、本書は2005年に出た『誤記ブリぞろぞろ』(日本エディタースクール出版部)を骨組みとして大幅に増補されたもの。「漢字の字体」「組版ルール」のほか誤記・誤植の発生原因、素読み校正の着眼点などを、実例を交えながら解説しています。拾い読みでもOK。いつでも読み返せるように手元に置かれることをおススメします。

記事の一覧へ戻る

LINKS