2010年10月号 | 2010年 | 各サービスの話題、スタッフのコラム、イベント告知、注目の書籍紹介など、お役立ち情報やおもしろ情報を発信しています。

ぷれす 校正&校閲プロダクション

  • お気軽にお問い合わせください
  • メールでのお問い合わせ

ぷれす通信

2010年10月号

デッドゾーン 「ゆく」「いく」、どっちを使う?

まあ、どちらでもいい。……のですが、「行く」にルビを振ろうとすると、迷ってしまうこともあるのでは? まさに、「日本人の知らない日本語」の一つですね。

そこでいろいろとあたってみたのですが、あえて古さ=オリジナルを求めるならば、「ゆく」とする傾向ら・し・き・ものがあるようです。たとえば、「図書」2003年7月号(岩波書店)からの孫引きですが、『岩波日本語使い方考え方辞典』(北原保雄監修)は、「『行く』が『時間が過ぎ去って行くこと』を意味するときや『死亡する』意である『逝く』は、『ゆく』」だが、「『いく』『ゆく』の両方とも上代から使われてきた語形」で「文語的な表現やある程度固定化した表現では『ゆく』の方が自然なかたちに落ち着いている」といいます。また『日本文法大辞典』(松村明編、明治書院)には、やはり「上代から『いく』『ゆく』の両形が用いられて」いて、「両者の間にははっきりした意味の違いはない」ものの、「『いく』の方が新しい形と思われる。用法としては、『ゆく』には音便形『ゆって』がない」と、『ゆく』がより古い表現であることを示唆しています。

以前「この一冊!」で紹介した『例解同訓異字用法辞典』(浅田秀子、東京堂出版)も、こう記述しています。「『ゆく』は『いく』の標準形で、くだけた日常会話ではもっぱら『いく』のほうを使うが、ちょっと文学的な表現をしたい場合や、比喩的な意味で言う場合には『ゆく』を使う。ただし、終止形以外の『ゆかない・ゆきます・ゆけば・ゆけ』などはあまり使われない」。

どうです、参考になりました? ちなみに『例解~』によれば、性描写の時は「しばしば『イク』」と書くそうです、ハイ。

お役立ちサイト

『NHK「戦争証言アーカイブス」』

今年8月2日に開設されたサイト。「戦争体験者のインタビューの動画」「NHKの戦争関連番組」「日本ニュース」「戦時録音資料」で構成され、動画や音声は、キーワード、地図、年表、所属・組織から検索できます。年表は、満州事変から終戦・財閥解体までの出来事を確認するのに使えそうです。

「インタビュー」や「戦争関連番組」は、映画等のDVDのようにいくつかのチャプターに分割されていて、使いやすい。また、番組の概要をまとめたテキストなども併せて掲載され、内容理解の一助となっています。

戦争体験者の“生の声”を直接聞く機会がますます減るなか、一度サイトを訪問してみては。水木しげるさんがラバウルでの戦争体験を語った映像も収録されています。(S)

記事の一覧へ戻る

LINKS