ぷれす通信

communication

2015年5月号

ひらがなをたいせつに

ひらがなだけを読む。フリーランス時代に在宅校正をしていたころ、最終チェックで行っていた方法の一つです。薄いものならすべてを、ボリュームのあるものは、疲れがゲラに表れやすい作業の区切りを入れたところの前数ページ、または事実確認が多かったところや、先号お伝えした終盤のあたりに絞ってチェックをしました。

なぜ、ひらがなだけなのか?漢字は字形類似や誤変換、字体、ルビの存在……といった複数の観点を孕んでいるため、注意深く校正の目を入れますが、ひらがなはシンプルさゆえに、さっと読んでしまいがちです。

しかし、ひらがながつづくところにこそ脱字(あるいは誤字)が潜んでおり、見落としが生じやすいというのが実状。しっかり見たにもかかわらず、「最終チェックやってよかった~」というケースが(……けっこう)ありました。

ひらがなを読むことは、校正者としてのルーツをたどることでもあるはずです。だって、最初に学んだ文字って、ひらがなではないですか? 

当時を思い出してみてください。これまでよりもたいせつに見てあげようという気持ちが湧いてきませんか? その愛情が伝われば、ゲラのほうから「ここに気をつけて!」というサインを投げかけてくれるかもしれませんよ。(校閲部長・山本雅範)

「やるしかない!」…、まずは頭を冷やして

引き続き、母の介護の話です。

現在、父が母を介護している老老介護の状態です。ある朝、母が動けなくなりました。寝床から起き上がることができないのです。

父はビックリし、パニック状態に。「とにかくトイレに連れていかなくては!」。布団に寝ている母をトイレまで引きずっていこうとしました。玄関前の廊下までなんとか移動したのですが、そこでどうしようもない状態に……。ちょうどそこに介護用品レンタル会社の人が訪ねてきました。母が廊下に寝っころがっているのでビックリ。担当のケアマネジャーに電話をしてくれました。「それはたいへん!」ということで救急車が手配され、病院に運ばれたのでした。父が腰を傷めなくてよかった……。

以上の顛末を電話で聞いた私は、父に「一人でトイレに連れていくなんて無理。ベッド脇に移したことがあるけど、3人がかりでもたいへんだったんだよ」と言ったのですが、「やるしかないだろ!やるしかないんだよ!」。父は判断力を失っていました。

不可能なことに「やるしかない!」って立ち向かうこと、仕事の中でもありませんか?

「無茶な計画ですが、誰かがやらなきゃいけないんです。一緒にやりましょう!」のような相談を時々いただきます。しかし結局は「どこをどう工夫しても、目指す内容をその期間で完了させることは無理です」とお断りすることになります。

「やるしかない!」って無茶をして前よりひどい状態になるなんてことがないように、窮地の時こそ、まずは頭を冷やして、冷静に行動したいものです。(編集部長・渡辺隆)

この1冊!『食語のひととき』

この1冊!『食語のひととき』

『食語のひととき』

早川文代 著

毎日新聞社/255ページ

ISBN-10: 4620316741

ISBN-13: 978-4620316741

価格:1,400円(税別)