ぷれす通信

communication

2014年11月号

デッドゾーン 悪魔が来たりて・・・・

デジタル技術の進化やインターネットの普及で文字情報を伝える形は変化しても、文字を扱う以上、誤植は必ずと言っていいほど出てきます。それはもう、悪魔の仕業としか思えないくらいに……。この悪魔は、執筆者、編集者、DTPオペレーター、校正者など、それぞれの役割を担う者に取り憑き、知らず知らずのうちに書き間違いや変換間違い、見落としといったミスを引き起こさせるのです。

そこで今回は、校正者がどんな時に悪魔につけ入られやすいかを取り上げてみます。『校正のくふう』(藤田初巳著、印刷学会出版部)という本には、誤植の見落としを起こしやすい場面として次の6つが挙げられています。①誤植の数が多い場合、②慣用語を走り読みする場合、③同字の熟語が続出する場合、④原稿の1、2行中に同じ語句が重ねてあらわれる場合、⑤濁音と半濁音のかなを走り読みする場合、⑥見出しを走り読みする場合。

①は、1つの誤植を拾うと、一瞬ほっとしてしまい、直後の誤植を見過ごしてしまいやすいということ。③や④もこれと同種の気の緩みから起こるものですが、その他の場面は、気の焦りが悪魔を呼び込んでいるということになるでしょうか。

また、たとえ心理的には万全でも、見落としは肉体的疲労によっても起こります。校正作業が長時間続く、あるいは、体調が思わしくない時は、見る力がどうしても衰え、文字の細かな違いに気づけなくなってしまいます。例えば、以下の類字は目が疲れていると見分けにくくなってきます。

 [圧/庄] [雨/両] [桜/梅] [壊/壌] [学/字] [歓/観] [記/紀] [客/容] [教/数] [郷/卿] [原/厚] [屈/届] [口/ロ] [工/エ] [己/巳] [午/牛] [左/右] [札/礼] [支/友] [使/便] [刺/剌] [之/元] [仕/任] [思/恩] [字/宇] [手/平] [上/土] [城/域] (前掲書より)

 いかがでしょうか。どのような場面で悪魔に狙われやすいか、あらかじめ知っておくことも誤植防止に役立ちますよ。(む)

この一冊!『てにをは辞典』

この一冊!『てにをは辞典』

『てにをは辞典』

小内一 編

三省堂/1824ページ

ISBN-10: 4385136467

ISBN-13: 978-4385136462

価格 3,800円(税別)