ぷれす通信

communication

2014年6月号

デッドゾーン 品質保証という役割

校正の仕事は、「間違い探し」と言われます。しかし、原稿との引き合わせ校正よりも素読み校正の件数が圧倒的に多くなっている現在の校正事情の下では、単に間違い=誤植を探し出すことだけではない、別種の役割が校正者に求められるようになってきています。すなわち、「品質保証」としての校正です。

雑誌、書籍、Webなどのメディアが恐れるのは、そこに並んだ言葉や表現の瑕疵によって読者からの信頼を失ってしまうことです。そのようなことを防ぐためにも、校正者の目を通すことで誌紙面を構成する言葉や表現に間違いの有無を確認し、メディアの品質を保つ必要があるというわけです。だからこそ、事実関係のチェックを行ったり、表記の統一表を作ってみたり、内容に踏み込んだ指摘をしたり……と、編集者をサポートするような仕事が次々と舞い込むようになってきたのだと思います。おそらく、この傾向はこれからますます強まっていくでしょう。

近ごろは、食品の表示基準や薬事法など、表現方法に厳しい規制がかけられたかと思えば、逆に表現規制が緩和されるなど、基準の改定が頻繁に行われるようになってきました(例えば、今年度中に食品の「機能性表示」が、条件付きながら企業側の判断でできるようになる予定など)。関連する記事の品質保証のため、校正者に各種基準に則った対応がリクエストされることも増えてきそうです。

もちろん、校正で行うことの“限界”はありますし、第一義的には著者・編集者サイドがきちんと確認すべき事柄です。しかし、校正者もメディアの制作に協働であたる立場。傍観者ではありえません。

どのような表現が食品表示基準や薬事法などの諸規制にひっかかりやすいのか、言葉や表現にかかわるニュースには日ごろから関心をもっておきましょう。(ゆ)

この一冊!『日本史B用語集 改訂版』

この一冊!『日本史B用語集 改訂版』

『日本史B用語集 改訂版』

全国歴史教育研究協議会 編

山川出版社/495ページ

ISBN-10: 4634013029

ISBN-13: 978-4634013025

価格 819円(税別)