ぷれす通信

communication

2014年2月号

デッドゾーン 校正者信仰

文章を扱うプロフェッショナルとして、作家、ジャーナリスト、雑誌・書籍編集者といった、いわゆるクリエイター系とは一線を画し、冷静沈着にゲラの上の言葉に手を入れていくのが校正者です。文法に則ってエンピツを入れたり、拡張新字体(略字)を正字体に直したり、歴史的事実を丹念に調べて執筆者の誤解を修正したりと、その指摘の鋭さに感動するクライアントの声をよく聞きます。

 評価されるのは嬉しい限りですが、時に「(下手な)文章をどうにかしてほしい」という校正者信仰とも思えるような“期待”には慄きを覚えます。実体は、執筆者、編集者が本来為すべき自分の仕事を果たせていないことから来る“押しつけ”ではないかと思うこともしばしばです。期待が校正者の自信を高めてくれればいいのですが、“過信”に膨らんでしまっては校正者が自分の領分を逸脱してしまいかねません。

 今号の「この一冊!」で取り上げた時代考証には雑学的な知識が必要とあります。校正者も同様でしょう。しかし、すべてを網羅するような雑学を各人が持つことは非現実的。自分の持つ雑学には偏りがあることは自覚しておいていいかもしれません。

 たとえば、ある芝居好きの校正者が「もとの木阿弥」を、自信たっぷりに「もとの黙阿弥」に直してしまった例※などは、自らの偏りに無自覚であったがための失敗といえるでしょう。

 「過ぎたるは~」の諺を引くまでもなく、校正者への期待が高まっている今だからこそ、謙虚さを忘れずにいたいものです。(お)

※藤田初巳『校正のくふう』印刷学会出版部

この一冊! 『考証要集 秘伝!NHK時代考証資料』

この一冊! 『考証要集 秘伝!NHK時代考証資料』

『考証要集 秘伝!NHK時代考証資料』

大森洋平 著

文春文庫/327ページ

ISBN-10: 416783894X

ISBN-13: 978-4167838942

価格 651円(税別)