ぷれす通信

communication

2013年11月号

デッドゾーン番外編 編集者Wが勝手に語る校正の仕事1

原稿を書くのは著者やライターですが、彼らはテーマに沿って言いたいことを書きます。中身が最大の関心事です。文章の正確さ、わかりやすさ、読みやすさは二の次という人も多いものです。引用している数字や資料が違っていることもあります。頭に浮かんだことをバンバン書くときなんぞ、用字用語を気にしていなかったりします。

 編集者も原稿整理を一所懸命にやるわけですが、ここでも中身が中心。より伝わるように文章に手を入れますが、用字用語の統一も頭に余裕がある範囲で‥‥。引用元の確認もしますけれど、最近は緻密さに欠けるように思われます。本来ですと、オリジナル資料までさかのぼって、必要ならば許可を取るべきところ、出版を急ぐ風潮と、複数の仕事を抱える中で手間を省くために、けっこう調べる作業を省略していたりします。

 というわけで、著者、ライター、編集者の仕事には漏れがあり、心のどこかで、「次の人がフォローしてくれるだろう」「組んでから校正で直そう」という気持ちがあると思います。

 活版、手動写植機で組み版を行っていた時代は、そういう気持ちはかなり少なかったと思います。完全な原稿を仕上げて、それを組み版に回していました。組んでから直すのはたいへんで、お金もかかりました。そういう時代の校正は、まずは「原稿どおりに文字が組まれているかどうかを調べる」ことが基本で、この作業で誤植を発見。そのうえで、原稿での誤字脱字、用字用語の統一、校閲なども行うと、校正の先生から聞きました。

 しかし今は電算写植を経てDTPの時代。「組んでから直す」ことが楽になりました。そのため、「校正者にも本作りにより深く関わってもらうことができるようになった」、そんな気持ちが編集者にはあるように思います。安心感が増すということで。

 校正者を仲間として頼りにする風潮、つまり「原稿作成、編集作業に校正者を引っ張り込もう、参加してもらおう」という気持ちは、だんだん高くなってきているように思います。そんなわけで、校正者の皆様、フォローをどうぞよろしくお願いいたします。って、甘いか!?

この一冊!『奇跡の教室 伝説の灘校国語教師・橋本武の流儀』

この一冊!『奇跡の教室 伝説の灘校国語教師・橋本武の流儀』

『奇跡の教室 伝説の灘校国語教師・橋本武の流儀』

伊藤氏貴 著

小学館文庫/220ページ

ISBN-13: 978-4093881630

価格 495円(税別)