ぷれす通信

communication

2013年8月号

デッドゾーン 思い込みの罠

毎日蒸し蒸しと暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。あまりの暑さに耐えきれず、キンキンに冷えた飲み物を飲んだりアイスクリームを食べたり(「Coolish」のいちごミルクがお気に入りです)、連日胃に負担をかけている今日この頃でございます……。

 さて、毎年夏になると思い出す出来事があります。

 ある雑誌の校正チームにいたときのことです。隣に座っていた校正者に統一事項を確認しようとして声をかけました。作業中の手元を目にしてびっくり。ゲラに「『快水浴場百選』」とあったのですが、「快」を「海」に、「朱で」修正していたのです。

 その現場では、ファクトチェックを編集者がやることになっていたので、校正者はネット等で調べることはしません。おそらく、変換ミスだと思って朱を入れたのでしょう。でもちょっと待ってください。百歩譲って、ただ「快水浴場」とあったのなら、変換ミスだと判断しても仕方ないかもしれません。しかし二重カギでくくられ、「百選」の文字もあります。これは何かの名称で、洒落て「海」を「快」にしたのかもしれないではありませんか。朱ではなく、エンピツで疑問を出すべきところです。

 名付けの理由まではわかりませんでしたが、結果は「快水浴場百選」のままで正解でした。環境省が2006年に選定したもので、40の都道府県より推薦された191の水浴場から100箇所を選んだものです。

 思い込みで朱を入れるのは厳禁です。確固たる裏付けがあるとき、あるいは先方から「○○の場合に朱を入れてください」などと指示されているときに限って入れるべきでしょう。変換ミスが氾濫しているからとはいえ、安易な判断を下すと陥穽にはまります。何事も勇み足をしないように心したいですね。(M)

快水浴場百選

https://www2.env.go.jp/water-pub/mizu-site/suiyoku2006/

この一冊!『増補版 誤植読本』

この一冊!『増補版 誤植読本』

『増補版 誤植読本』

松井栄一 著

筑摩書房(2013/6)

文庫/314ページ

ISBN 978-4480430670

価格 924円(税込)