ぷれす通信

communication

2013年6月号

デッドゾーン 頭語と結語

先日、末尾に結語の「草々」のみ書かれたメールを頂戴しました。以前勤めていた会社で、パーティーの案内状を校正したとき、手紙の書き方についてのウェブサイトや指南書を見ながら作業したことが懐かしくなりました。

 今回は手紙文の形式につきものの、頭語と結語の関係をちょっとおさらいしてみたいと思います。

 よく知られている頭語に「拝啓」「前略」がありますね。それぞれどのような意味だかご存じですか?

 拝啓:≪謹んで申し上げます、の意味≫手紙の初めに記す挨拶の語。

 前略:手紙文で、冒頭の時候の挨拶などを省略する意味に用いる語。

 では、対応する結語についてはどうでしょうか。

 敬具:≪謹んで申し上げます、の意味≫手紙文の末尾に用いる語。

 草々:手紙文の末尾に書き添える語で、急ぎ走り書きをしたことを詫びる意味。

 メールでは頭語や結語を省くことが多いので、使い方や意味も次第に忘れられていくのかもしれません。しかし改まった手紙を書く場合にはまだまだ必要ですし、実用書や小説・エッセイなどで目にすることもあります。校正者としては最低限知っておくべきでしょう。

 今回改めて「草々」を辞書で調べていたところ、隣に「草々不一」という結語が目に入りました。

 草々不一:手紙文の末尾に添える。走り書きで思いが十分ではないという意味を表す。

 不一:十分に意を尽くしていないことを表す。手紙の最後に添える語。

 上記以外にも頭語と結語にはたくさんの種類があります。皆さんも調べてみてはいかがでしょうか?(M)

「大辞泉」http://dic.yahoo.co.jp/

「手紙の書き方大事典」http://www.letter110.net/tougoketugo/

この一冊!『日本語は「空気」が決める ~社会言語学入門』

この一冊!『日本語は「空気」が決める ~社会言語学入門』

『日本語は「空気」が決める ~社会言語学入門』

日本語は「空気」が決める ~社会言語学入門

石黒圭 著

光文社新書(2013/5)

新書判/293ページ

ISBN 978-4-334-03746-8

価格 882円(税込)