ぷれす通信

communication

2013年5月号

デッドゾーン 季節のことば36選

先月25日、日本気象協会が「季節のことば36選」を発表しました(朝日新聞2013年4月26日朝刊より)。

 どんなことばが選ばれたか見てみましょう。

  1月:初詣、寒稽古、雪おろし

  2月:節分、バレンタインデー、春一番

  3月:ひな祭り、なごり雪、おぼろ月

  4月:入学式、花吹雪、春眠

  5月:風薫る、鯉のぼり、卯の花

  6月:あじさい、梅雨、蛍舞う

  7月:蝉しぐれ、ひまわり、入道雲、夏休み

  8月:原爆忌(広島と長崎)、流れ星、朝顔

  9月:いわし雲、虫の声、お月見

  10月:紅葉前線、秋祭り、冬支度

  11月:木枯らし1号、七五三、時雨

  12月:冬将軍、クリスマス、除夜の鐘

  ※7月のことばが4つのため全37個

 どのことばもそれぞれの月をよく表していますね。新聞によると、「今後はテレビの天気予報などでおなじみになりそうだ」とのこと。中国伝来の二十四節気と合わせて、耳にする機会が増えそうです。

 「季節のことば36選」は校正者にとって必須とは限りません。しかし、ことばを扱う仕事に携わる者として、常日頃からことばに対するアンテナを張り、感覚を磨き、視野を広くもつよう心がけることが大切です。

 現代日本の季節感を表した37個のことば。あなたのお気に入りはどれですか?(M)

日本気象協会

http://www.jwa.or.jp/content/view/full/4979/

この一冊!『辞書を編む』

この一冊!『辞書を編む』

『辞書を編む』

飯間浩明 著

光文社新書(2013/4)

新書判/268ページ

ISBN  978-4-334-03738-3

価格 840円(税込)