ぷれす通信

communication

2013年4月号

デッドゾーン ゴツゴツと刻むように読む

朝日新聞社が有料で提供する情報サービスの配信サイト「Astand」掲載の「ことばマガジン」。その中に「こつこつコウエツ」というコラムがあります。2013年2月20日に掲載されたコラムの後半の「斬って潰して」がとても興味深かったのでご紹介します。

 朝日新聞では赤鉛筆で傍線を引きながら校正をしているようなのですが、次のような一文がありました。

 「入社当初『漫然と線を引かないこと』と教わりました。行に沿ってスーッと一本線を引いていると、誤字・脱字・衍字(えんじ=誤って入った不要な文字)などに気付きにくいのです。私の場合は、文章を『熟語』や『てにをは』で切って線を引くようにしています」

 このあと例をあげて、

 「『避難/所/を/転々/とし、/昨年、/仮説/住宅/に/入った/』のように赤い線で区切りつつ、頭のなかで、ひなん=避難・非難→避難OK、しょ=所・署→所OK、てんてん=転々、点々→あれ点々だっけ?いや転々OK、さくねん=掲載日2013年だから2012年を指すが矛盾ないか?、かせつ=仮説、仮設、架設→「仮説=仮に組み立てた理論」のはずはないからここは『仮に設置した=仮設』」

 という具合に読んでいくと書いてありました。

 コラムの最後に「スラスラとでなく、ゴツゴツと刻むように読んでいます」とあるのですが、このゴツゴツ読みなら、ゲラの見落としもずいぶんと減ることでしょう。自らの反省としてですが、見落としは、先を急ぐあまりスラスラ読みになっているために発生するのだと思うからです。

 朝日新聞のように赤鉛筆で線を引いたり区切りを入れたりすることはできませんが、心の中で区切りを入れて、じっくりゴツゴツ読んでみてください。(M)

こつこつコウエツ

http://astand.asahi.com/magazine/kotoba/kotsukotsu/2013021500011.html

この一冊!『新編 日本語誤用・慣用小辞典』

この一冊!『新編 日本語誤用・慣用小辞典』

『新編 日本語誤用・慣用小辞典』

国広哲弥 著

講談社現代新書(2010/1)

新書判/328ページ

ISBN  978-4-06-288033-6

価格 819円(税込)