ぷれす通信

communication

2013年2月号

デッドゾーン 思い込みに気をつけて

人間誰しもうろ覚えや勘違いをすることはありますが、本のタイトルなどを間違えて覚えていたり、ゲラにそのような記述を見つけたことはありませんか?

 興味深いことに、福井県立図書館のウェブサイトに掲載されている「覚え違いタイトル集」というものがあります。

 いくつか例を挙げてみましょう。

・『散歩する漱石』(『闊歩する漱石』)

・『まんじょうき』(『方丈記』)

・『100万回死んだねこ』(『100万回生きたねこ』)

・『最期の一休』(『最後の一球』)

・『あでらんすの鐘』(『あんでらすの鐘』)

・『キャッツー』(『キシャツー』)

・やなぎみさと(柳美里/ゆうみり)

・のみなみあさ(乃南アサ/のなみあさ)

 これらは、図書館の利用者がうろ覚えや勘違いをしたまま図書館に行き、司書の手を借りながら探した本の例です。校正の仕事でも、著者が曖昧な記憶で書いていたり、オペレーターが変換ミスをしたりして、同様のケースに出くわすことがあります。

 しかし我々も、赤入れや疑問出しの際に転記ミスをすることだってありますから、他人事だと笑ってはいられません。

 素読みをする際には思い込みですまさないように、よくよく注意しましょう。(M)

参考:福井県立図書館「覚え違いタイトル集」

 【これはすごい】福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」が秀逸すぎる

この一冊!『日本語てにをはルール』

この一冊!『日本語てにをはルール』

『日本語てにをはルール』

日本語てにをはルール

石黒圭 編著

中経の文庫(2012/02)

文庫判/256ページ

ISBN 978-4-8061-4310-9

600 円(税込)