ぷれす通信

communication

2011年10月号

デッドゾーン 滅菌! 殺菌… 消毒? 除菌!?

皆さま。タイトルに挙げました4つの単語、意味の違いは何でしょう? しばし考えてみてください。

――5、4、3、2、1! チーン! 時間切れです!

私たちの仕事では、雑誌などに掲載される洗剤や石けん類の広告などで、これらの表示をよく見かけます。それぞれどのくらいの効果があるのか、素読みの際に迷ったことはありませんか?

朝日新聞の記事(2011年9月17日付be「ののちゃんのDO科学」)(http://www.asahi.com/shimbun/nie/tamate/)をまとめると、次のとおりです。

・滅菌:「菌を全滅させる」意。微生物の生存率を100万分の1以下にさせる、という定義あり。

・殺菌:微生物を死滅させる。どの菌をどのくらい死滅させるか

はものによる。従って「殺菌・消毒」として、消毒と併せて使用されることが多い。

・消毒:有害な微生物を、害がなくなるくらいまで減少させ、力を失わせる。

・除菌:濾過などで微生物を除去するが、どのくらい菌を無くすのかは曖昧な部分あり。

菌を無くす確かさの順は、強いほうから「滅菌、殺菌・消毒、除菌」という「イメージ」、なのだそうです。

では、消費者としての私たちは、どうやって選べばいいのか……。確実を期するなら、除菌では弱そうですね。

仕事では気をつけていても、日常生活ではあまり気にしていないことって、ありますよね。

この通信を持って、台所と洗面所へ行ってみませんか? 洗剤、石けん、消毒アルコール、柔軟剤、あとは何があるのかな……何と書いてありましたか?(S)

この一冊!『漢和辞典に訊け!』

この一冊!『漢和辞典に訊け!』

『漢和辞典に訊け!』

漢和辞典に訊け!

円満字二郎 著

ちくま新書(2008/12)

224ページ/新書判

ISBN 978-4-480-06462-2

756円(税込)