ぷれす通信

communication

2012年4月号

デッドゾ-ン 震度とマグニチュード

東日本大震災から1年が過ぎました。一時期より減ったとはいえ、地震関連報道は止むことがありません。

ニュースや天気予報で「震度」「マグニチュード」の用語が使用されていますが、その違い、わかりますか?

「震度」とは、ある場所で観測される地震の揺れの強弱をいくつかの階級で表したもの、だそうです。震度は震度計で観測します。

日本では、気象庁の震度階級が使用されています。1996年から、それまでの「人体感覚」や「被害の程度」から判定していたのを「計測震度」を用いて判定するよう変更されました。気象庁の震度階級は、0・1・2・3・4・5弱・5強・6弱・6強・7の全10階級に分かれています。

次に「マグニチュード」ですが、地震のエネルギーからその大きさを測る尺度、だそうです。地震計に記録された地震波の振幅と震源との距離から計算をします。

マグニチュードは「M」の記号で表し、日本では、気象庁マグニチュードが使用されています。

・M1未満

・M1以上、M3未満

・M3以上、M5未満

・M5以上、M7未満

・M7以上

の全5階級に分かれていて、それぞれ漢字名もついています。M1未満から順に、極微小地震・微小地震・小地震・中地震・大地震となっています。

3・11当日、皆さんはどこにいましたか? 一日も早い復興をお祈りするとともに、校正者として、日々の仕事を通して確実な情報を伝える手助けを行いたいものです。(S)

この一冊!『人名用漢字の戦後史』

この一冊!『人名用漢字の戦後史』

『人名用漢字の戦後史』

人名用漢字の戦後史

円満字二郎 著

岩波新書(2005/7)

236ページ/新書判

ISBN 4-00-430957-3 C0281

740円(税抜)