ぷれす通信

communication

2012年6月号

デッドゾ-ン 印刷字体と筆写の違い

皆さん、日頃の入朱やエンピツ出しではどんな字を書いていますか?――印刷字体と手書きの筆写の字体は違う、という意識を持っていますか?

字体のはなし――超「漢字論」――

amazonで買う

今回のデッドゾーンは財前 謙『字体のはなし――超「漢字論」――』(明治書院)から。

わたしたちが目にしている印刷字体とふだん手で書いている筆写の字体は「根本的に別物」なのだそうです。印刷字体(ここでは明朝体)は手で書くことを前提としない、あくまで工業デザイン上の都合から設計されています。シンニュウの形を比べればわかりやすいかと思います。

両者の字体が違うのは当たり前のように思うかもしれませんが、学校で漢字を教わったとき、教科書の活字と同じように書かなければマルをもらえなかった経験はありませんか? 明朝体は別として、手書きの形を考慮した教科書体であっても筆写との相違があります。

「薬」という字がありますね。この字の第15、16画は、筆写では活字のように払わなくてもいいのです。払わないで、テンのように書いて止める――筆写ではマルなのです。

牛丼で知られる吉野家の「吉」の正しい表記は「土」に「口」。同社ロゴもそうなっていますね。筆写ではそのほうが速書きの際にバランスを整えやすく、それが本来の形らしいのです。

糸へんは、第1~3画までは「糸」と同じで、第4~6画は点を3つ並べた形が筆写では歴史的に当然のことだったそうで、こちらが正しいのだそうです。

シンニュウは、筆写の楷書の場合、基本的に点が1つというのが1000年以上昔からの常識とのこと…。このように、活字と筆写ではずいぶん違いがあるのです。

校正者は校正の対象が印刷文字ですから、活字の字体に倣って書き込みをする必要があります。辞典やゲラの字体をよく見て、誤りなく書きましょう。つい自分の書き癖が出ていませんか? 字体の一点一画に注意を払った書き込みを心がけたいものです。(S)

この一冊!『日本語の難問』

この一冊!『日本語の難問』

『日本語の難問』

『日本語の難問』

宮腰 賢 著

宝島社新書(2011/10)

223ページ/新書判

ISBN 978-4-7966-8636-5

735円(税込)