ぷれす通信

communication

2012年9月号

デッドゾ-ン ハイフンと二分ダーシ

校正をしていて間違いやすいのが「-」と「–」、ハイフンと二分ダーシですね。ハイフンは幅が三分から四分くらい、アルファベットの小文字の天地中央でやや太め、二分ダーシは幅が二分、仮想ボディの天地中央にあり線は細めです(本通信はWordで作成しているのでずれています)。

使い分けはわかりますか?

大まかに言うと、ハイフンは言葉と言葉をつなぐものです。語と語をつないで、x-heightといった複合語ないし連語をつくったり、play-ingのように単語を分綴したりするときに使用します。

したがって、二分ダーシは上記以外の用法で使うと覚えておけばよいでしょう。主なケースを挙げると、起点と終点の幅を示すアラビア数字pp.10–20や、欧文June–Julyなどに使用します。

Wordでは、二分ダーシは“挿入”→“記号と特殊文字”→“その他の記号”→ “特殊文字”で「半角ダッシュ」を選択して入力するのですが、入力されたこの記号はあくまでもWord上のもので、データ保存時にテキストデータとして保存すると化けてしまいます。

“その他の記号”→ “特殊文字”で「半角ダッシュ」を選択して入力するのですが、入力されたこの記号はあくまでもWord上のもので、データ保存時にテキストデータとして保存すると化けてしまいます。

テキスト文書では、「-」(半角ハイフン・マイナス)、「‐」(全角ハイフン)、「-」(全角マイナス)、「―」(全角ダッシュ)、「ー」(長音)が入力でき、これら複数の似た記号が混用されている場合もあるので、校正時にはよくよく注意しましょう。

DTPの場合、二分ダーシは特殊文字を使わなければ入力できないそうです。原稿整理時に「ハイフン」「二分ダーシ」の別をきちんと指定したうえでゲラが出てくるはずですが、指定もれや入力ミスがあるかもしれません。目を光らせて、しっかりとチェックしなければなりませんね。

公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)の公式サイトにも解説が載っていますから、参考になさってください。(M)http://www.jagat.jp/content/view/3554/250/

この一冊!『日本語ってどんな言葉?』

この一冊!『日本語ってどんな言葉?』

『日本語ってどんな言葉?』

日本語ってどんな言葉?

佐々木 瑞枝 著

ちくまプリマーブックス(1996/3)

208ページ/B6判

ISBN 978-4-4800-4197-5

1,260円(税込)