ぷれす通信

communication

2012年10月号

デッドゾ-ン マンガ・イラストのチェック

マンガの校正で気を付けなければならないことのひとつに、絵のチェックがあります。

ネーム(ふきだし等の文字)は「校正者の目」でもって作業したものの、絵は通常の読者の目で見てしまい、あとになって思わぬ結果に……などと冷や汗をかくことのないようにしたいものです。

前後のコマでキャラクターの髪型や服の柄が変わってはいないか、ピアスや指輪といったアクセサリーの有無・整合は大丈夫か、ノドに絵や描き文字がかかっていないか、組版作業で起こりがちな絵柄の欠けは起きていないか……等々。

また、人物を見るときには、指の数や瞳の位置といったディテールに目を光らせることも大事です。言語表現のみならず、描かれたものによっても読者を傷つける表現となりえてしまうこともあるからです。

つまり「絵の素読み」もおろそかにはできないということ。

マンガの校正は自分に関係ないなぁ、と思った方もいるかもしれませんが、実用書に見られるイラストも同様のアプローチが必要です。

クライアントによっては、絵の確認を第一優先作業として、要修正箇所をファクスやPDFで教えてほしい、といった要望もあります。

「文字を見る目」「絵を見る目」と意識を変えてチェックをする。

視点のチャンネルを切りかえるスキルも、校正者に欠かせない条件です。(y)

この一冊!『私の好きなお国ことば』

この一冊!『私の好きなお国ことば』

『私の好きなお国ことば』

私の好きなお国ことば

小学館辞典編集部 編

小学館(2007/4)

210ページ/四六判

ISBN 978-4-09-387709-1

1,470円(税込)