ぷれす通信

communication

2012年12月号

デッドゾ-ン 重ね言葉

「馬から落ちて落馬する」は冗談の域に達していますが、日々ゲラの中に重ね言葉を見つけることがあります。

いくつか例を挙げましょう。

「かねてから」「今現在」「一番最初」「まず初めに」「各セクションごとに」「~だけに限る」「必ず必要です」「受注を受ける」「数値の値を求める」等々、見かけたことがあるでしょう。

それぞれ適当な表現に直してみましょう。

「かねてから→かねて」「今現在→今 or 現在」「一番最初→一番初め or 最初」「まず初めに→初めに or まず」「各セクションごとに→セクションごとに or 各セクションに」「~だけに限る→~だけ or ~に限る」「必ず必要です→必要です」「受注を受ける→受注する or 注文を受ける」「数値の値を求める→数値を求める」。

さて、ここからが本題です。これらの言葉をゲラの中に発見したとき、どのように対応しますか? 先に挙げた適当な表現にするよう、エンピツを入れますか?

版元や担当者にもよりますが、「かねてから」「今現在」「一番最初」「まず初めに」のようなものは、「著者が特に強調したいという思いで書いているのだから直さなくてよい」場合もあります。

「かねて」については、大辞林に「―からの懸案事項」、大辞泉に「―より予期していたことだ」との用例があり、「かねてから」「かねてより」を許容しています。「あ、見つけた!」とばかりにエンピツを入れてしまわず、一呼吸おいて辞書にあたってみることが大切です。(M)

この一冊!『今はじめる人のための俳句歳時記 新版』

この一冊!『今はじめる人のための俳句歳時記 新版』

『今はじめる人のための俳句歳時記 新版』

今はじめる人のための俳句歳時記 新版

角川学芸出版 編

角川ソフィア文庫(2011/9)

622ページ/文庫判

ISBN 978-4-04-406507-2-C0192

820円(税込)