ぷれす通信

communication

2013年1月号

デッドゾ-ン 一画一画ていねいに

あけましておめでとうございます。新しい年を迎えて、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

お正月といえば年賀状ですね。自宅のプリンタで印刷した人もいれば、一枚一枚手で書いた人もいるでしょう。

ペンで住所を書きながら思ったのですが、番地を漢数字で書くのは難しいですね。字間を適切にあけたり、筆で書くように横棒に微妙なカーブをつけたりと、ある程度メリハリをつけないと「一二」が「三」になったり、「六」が「‐一八」になったりと(縦書きを想像してください)、読み間違いが起きやすくなります。

ゲラに西暦を漢数字で書くこともありますね。字間・行間、トメやハネ、ハライの角度に心を配らなければ、いらぬ誤りを誘発してしまいます。

カタカナでも注意が必要です。「ス・ヌ・タ」「エ・コ・ユ・マ」「ア・マ」「シ・ツ」など、よく似た文字をきちんと書き分けなければなりません。各画の長さやハライの方向に気をつけて一画一画ていねいに心がける必要があるでしょう。

字形類似は、漢字に限らずひらがなにもカタカナにもありますよね。誰がゲラを見ても読み間違うことがないように、正確に書くことが大切です。

書道を習った人のようなきれいさでなくてもよいのです。著者や編集者、オペレーターが誤読しない字であればよいのです。字に自信がない人は、活字に似せて書く練習をしてみましょう。それだけでもはっきり読みやすい字になります。

仕事をしていて、校正的観点には気を配っていても、自分の書く字は気にも留めない人もいるのではないでしょうか。どんなにいい内容の仕事をしても、ゲラの字が乱雑で誤読を招くようでは、せっかくのスキルが台無しです。

新たな年を迎えて心機一転、自分の書く字に目を向けてみませんか。(M)

この一冊!『日本語お稽古帳』

この一冊!『日本語お稽古帳』

『日本語お稽古帳』

日本語お稽古帳

日本語力向上委員会 著

毎日新聞社(2012/2)

160ページ/A5判

ISBN 978-4-620-32109-7